「ヨガ」と「ピラティス」の違いは?それぞれの効果や特徴を徹底解説!

皆さんはヨガとピラティスという言葉を聞いたことがありますか?

ヨガという言葉を知らない人はいないほど、根強い人気の「ヨガ」、最近はKPOPアイドルも行なっていることから、じわじわと注目が集まっている「ピラティス」。
ですが、実際に「ヨガ」と「ピラティス」の違いは何かよくわからない人が多いのではないでしょうか?
ここでは、両方の資格を保有する筆者が、二つの違いについて、ご紹介します。

ヨガとピラティスの違いとは?

「ヨガ」と「ピラティス」の違いを皆さんは分かりますか?

私自身、ヨガとピラティスの違いについて、最初はよくわかっていませんでした。

しかし、ヨガとピラティスは似ているようで違う運動なんです。
主な違いは、
・起源や発祥
・効果
・トレーニング方法
です。

それでは、ヨガとピラティス、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

ヨガの特徴

ヨガは約4500年前の古代インドで発祥した、仏教などの修行法のひとつです。
飢えや戦い、病気などの苦しみから救われるため、悟りに至るまでの手段として「瞑想」が生まれたのです。
ヨガのポーズ「アーサナ」は、そもそも瞑想のための座り方を意味します。その後、瞑想の坐法を補助するために、さまざまなポーズが確立されていきます。

ピラティスの特徴

ピラティスは、ドイツのジョセフ・ピラティス氏が、第一次世界大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したリハビリ運動から生まれました。
また、ピラティスは、インド発祥のヨガを参考にして体系化された運動です。
なので、ヨガに似ている部分が多いのです。

ヨガとピラティスの効果

特徴の違いはわかっていただけたと思いますが、では効果はどう違うのでしょうか?

ヨガの効果

ヨガは、修行のひとつとして始まりました。
アーサナと呼吸法、瞑想で心と体を結びつけ、心身が最も安定した状態をつくることを一番の目的として捉えられています。
なのでヨガは、精神面を大切にしています。
また、ヨガでは腹式呼吸を行います。
その呼吸は、副交感神経を優位にさせ、乱れた自律神経を整えます。
心と体のバランスを整えることで、精神的なリラックス効果が感じられます。

ピラティスの効果

ピラティスはリハビリとして作られたものなので、身体に負担をかけず、しなやかな筋肉をつけることを目的としたエクササイズです。

そして、呼吸はヨガとは違う、胸式呼吸になります。
お腹を薄くして胸に呼吸を入れることで、腹横筋が使われるため、体幹にしっかり効かせることが出来ます。

正しい姿勢へと導くことで、ケガをしにくい身体づくりにも役立ちます。

ヨガとピラティスの選び方

自分に適しているのは、ヨガとピラティスどちらなのでしょうか?
ここでは目的別のおすすめとして挙げていきますが、絶対!というわけではないので、ご自身が続けやすい方を選んでください。

ダイエット目的の場合

ダイエット目的の場合は、一概には言えませんが、ピラティスがより効果的だと思います。

ピラティスでは、骨格のゆがみを直していくので、結果的にボディラインも変わってきます。

歪みが治り、整った身体の状態でエクササイズをする事で、効果的に筋肉量も増やすことができるので、ダイエット目的の方はピラティスの方がおすすめです。

ただ、ヨガがダイエットに向いていないということではありません。
実際に私はヨガで痩せることが出来ました!
筋トレが好きな方はピラティスの方が向いていると思います。

身体の改善が目的の場合

ピラティスはリハビリとして作られたものなので、身体の改善が目的の場合も、ピラティスが最適です。
ただ、ピラティスの創設者ジョセフ・ピラティス氏は、「10回で違いを感じ、20回で見た目が変わり、30回で身体のすべてが変わる」と述べているように、続けなければ効果を感じることは難しいですが、続けることで身体は改善していくでしょう。

精神的な目的の場合

悩む女性

精神的な健康を手に入れるには、ヨガがおすすめです。
腹式呼吸によって、副交感神経を優位にするので、リラックス効果が得られます。
その他にも瞑想もあるので、心が穏やかになるでしょう。
ゆったりとした動きで、じんわりと身体を動かしたい方は、ヨガの方が向いていると思います。

ヨガやピラティスを取り入れてみよう!

いかがだったでしょうか?
ヨガもピラティスも一度体験して、ご自身に合う方を続けてみるのが良いと思います。
ヨガもピラティスも継続することで効果が得られるものですので、是非続けてみてください!

コメントを残す